エアタイヤの取り扱いについて

エアタイヤの取り扱い報道について

2022年7月28日にNITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)より発信されました『エアタイヤベビーカー空気の入れすぎでタイヤが破裂』の報道について、弊社取り扱い商品『エアバギー』におきましては、商品に付属している「手動式エアポンプ」での空気補充をお願いしております。
付属のエアーポンプで空気を正しく入れて頂く場合には、危険はございませんことをご連絡いたします。 

昨今の酷暑による高温にて、タイヤ内のチューブが限度を超えて膨張することで、稀にバースト(破裂)を起こす恐れがあります。
外気温よりはるかに高温になる車のトランクや、直射日光の当たる場所での保管はお控えください。
先に報道の内容では、コンプレッサーなど自動で沢山の空気が注入される器具を使用しての実験になっており、
お客様のご不安を掻き立てることになったと思いますが、
取扱説明書等を確認し、正しく空気をいれていただくことで、安全で快適な走行を実現いたします。

タイヤへの空気補充の目安は『指ひとへこみ』です。


【エアバギータイヤの指定空気圧】
・空気圧数値:25~30psi(または1.75~2.1kgf/㎠、または175~210kpa)
・感触の目安:タイヤ走行面(頂点)を親指で強く押してややへこむ程度


エアタイヤの空気圧について


「タイヤの空気の抜き方・空気圧感触のめやす」についてまとめた動画は こちら ≫